« VF5FS verA トーキックスプラシュ確定フレーム検証 | トップページ | 技空振りを駆使してP+G後の起き蹴りを潰しまくる »

2011年6月 1日 (水)

VF5FS verA ジェフリー 最大ディレイ幅の検証 1PP 3PP 6PP

前verでもやったけど気になる技の最大ディレイ幅を検証。

特に1PPと6PPは公式の変更点にも載っていたので気になるところ。


■1PP

1P入力後、34フレーム目まで入力受付。

1Pが発生21フレームだから、ヒット確認の猶予は13フレーム。

前verでの猶予は5フレームだったので倍以上になった計算。

ただし、最大ディレイしてしまうと初段がカウンターヒットしていても

連続ヒットにはならない。



■3PP

3P入力後、23フレーム目まで入力受付。

3Pが発生16フレームだから、ヒット確認の猶予は7フレーム。

これは前verと変わっていないみたい。



■6PP

6P入力後27フレーム目まで入力受付。

6Pが発生14フレームだから、ヒット確認の猶予は13フレーム。

これも前verと変わっていない。

公式の変更点で『シフトタイミングの変更』ってあったのは

どの辺の調整なのだろうか。。。。

« VF5FS verA トーキックスプラシュ確定フレーム検証 | トップページ | 技空振りを駆使してP+G後の起き蹴りを潰しまくる »

バーチャファイター」カテゴリの記事

コメント

今回6PPカウンターでつなげるのが難しいというか無理っぽいのですが
それがシフトタイミング云々かと
具体的にどうしてなのかは分りませんが

3PPは確認可能ですよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542883/51822331

この記事へのトラックバック一覧です: VF5FS verA ジェフリー 最大ディレイ幅の検証 1PP 3PP 6PP:

« VF5FS verA トーキックスプラシュ確定フレーム検証 | トップページ | 技空振りを駆使してP+G後の起き蹴りを潰しまくる »